2018年最新のiPhoneにはどういった機能が搭載されている?

2018年最新のiPhoneにはどういった機能が搭載されている?

大型機はさらに大型化

2017年に発売になったiPhoneのハイエンドモデルiPhone Xは、ディスプレイサイズが5.8インチと非常に大型モデルとして話題になりました。2018年に発売されると言われているiPhone Xの後継機は、さらに大型ディスプレイを搭載したiPhone X Plus(仮称)が発売される可能性があります。

大型iPhoneは2018年秋発売が予想され、3モデル発売になると考えられています。iPhone Xの後継機となる5.8インチ有機ELディスプレイのモデル、iPhone XのPlusサイズとなる6.5インチ有機ELディスプレイのモデル、そしてiPhone Xの廉価版となるのではないかと考えられる6.1インチ従来型液晶ディスプレイのモデルです。どれもハイエンドモデルにおける多様な需要に対応できるラインナップになっていると考えられます。

画面が大きくなると気になるのが解像度ですが、5.8インチモデルは現行のiPhone Xと同じ458ppiとなり、6.5インチモデルについては480~500ppiとなるのではないかと予想されています。6.1インチモデルについては320~330ppiと予想され、画質を重視するなら有機ELディスプレイのモデルを選択するということになります。